カレー職人

【レビュー】カレー職人「老舗洋食カレー」の味や辛さはいかに?

カレー職人「老舗洋食カレー」
レトルト大臣
レトルト大臣
今回は、カレー職人「老舗洋食カレー」を実際に食べて味や辛さについてレビューしていきたいと思います!

前回、カレー職人「ビーフカレー」中辛を食べて感動した私。

「この金額で、こんなにも美味しいカレーが食べられるんだ…」という感動が忘れられず、今回もカレー職人シリーズに手を伸ばしてしまいました!

今回も期待に胸が膨らみますが、カレー職人「老舗洋食カレー」の味や辛さはもちろん、パッケージや具材、そして香りや子供が食べられるかどうかまで徹底的にレビューしていきたいと思います!

カレー職人「老舗洋食カレー」をレビュー!

それではさっそく、カレー職人シリーズの「欧風カレー」をチェックしていきたいと思います!

商品パッケージをチェック

まずはパッケージからみていきましょう!

カレー職人「欧風カレー」のパッケージ落ち着いたイメージを感じさせるデザインです
レトルト大臣
レトルト大臣
パッと見た感じ、ビーフシチューみたいに見えます。

パッケージにも書いてある通り、カレー職人「ビーフカレー」とは違って、ドミグラスソースをふんだんに使った深いコクが特徴のようですね。

さらにちょっと気になる文言が書いてあるではありませんか!

ヘルシーな「植物生まれのお肉」を具材の一部として使用しています。

今話題の植物肉とか代替肉ってやつですね?

アメリカでは、ビヨンドミートやインポッシブル・フーズの代替肉が有名というのは効いたことがありましたが、日本でお目にかかれるとは…。

時代の最先端の食べ物に触れられるなんて感動です!

カレー職人「老舗洋食カレー」のパッケージ裏ドミグラスソースが決めて…。早く食べたい…。

裏面には「あめ色玉ねぎやトマトをベースに、ドミグラスソースで仕上げたコクのある洋食カレーです。」と書いてあります。

湯煎してみました

カレー職人「老舗洋食カレー」のパッケージ老舗洋食カレーの中身はこうなっています。

さて、今回も湯煎していきます!味のことを考えると電子レンジよりも湯煎がおすすめです。

レトルト食品は非常時には温めなくても食べられる利点がありますが、非常時ではないときはしっかり温めて美味しく食べたいですからね。

カレー職人「老舗洋食カレー」を湯煎やっぱり湯煎に限ります♪
レトルト大臣
レトルト大臣
湯煎しているときの焦らされる感じがまたなんとも…

しっかりと5分間の湯煎が終わりましたので、次に行ってみます。

香りと具材をチェック

カレー職人「老舗洋食カレー」盛り付け盛り付けが終わりました!
レトルト大臣
レトルト大臣
一般的なカレーの香辛料の感じではなく、まろやかで洋食っぽい香りです!

盛り付けたときは「具がないのか!?」と思ってしまいましたが、実際にスプーンで探してみると中から出てきました。

カレー職人「老舗洋食カレー」の肉これが噂の植物生まれのお肉です!

このようなお肉が3つ4つほど入っていますが、パッとみた感じでは鶏肉と見分けがつきませんね。

カレー職人「老舗洋食カレー」の玉ねぎ玉ねぎも発見!

固形の玉ねぎもたくさん入っています。

以前に食べた食研カレーは玉ねぎピューレで固形玉ねぎがなかったので、固形玉ねぎがふんだんに入っているこのカレーは、ちょっと新鮮でした!

カレー職人「老舗洋食カレー」の味は?

カレー職人「老舗洋食カレー」を実食いただきます!

さて、それではさっそくいただいてみたいと思います。

レトルト大臣
レトルト大臣
とってもまろやか♪柔らかいっていう感じですね!

普通のカレーは、香辛料の辛さがダイレクトに伝わってくることが多いのですが、この「老舗洋食カレー」は、とってもまろやかです。

ドミグラスソースやウスターソース、そして濃縮赤ワインといった洋食っぽい材料の代表格で仕上げられているので、これがまろやかさを演出しているものと考えられます。

洋風のカレーと言えば先日食べた北海道の函館カレーや金沢のゴーゴーカレーも洋風でしたが、それとはまた違った感じでした。

通常のカレーとハヤシライスを足して2で割ったような味で、口当たりは甘く、そして時間が経つにつれてカレーの辛さが口の中に残るような、そんな感じで、とても美味しいです。

ただ、冷めてしまうと一気に味が落ちるように感じます。熱いうちに食べるのがベストです!

植物からできたお肉を食べた感想は…

レトルト大臣
レトルト大臣
本物の肉とは違うけど、うまく再現しようとしていることはわかる…。

タンパク質の繊維を重ね合わせている感じで、噛むとグニャって変形してしまう感じです。

カレーと一緒に食べている分には美味しいです!

カレー職人「老舗洋食カレー」の辛さは?

カレー職人「老舗洋食カレー」の辛さ辛さレベルは3で普通です

口当たりはとってもまろやかで辛さは感じないのですが、やはり中辛なだけあって口の中には辛さは残ります。

レトルト大臣
レトルト大臣
最初は甘いような口当たりですが、甘さが引けてくると辛さが出てきますね。

ただ、我慢できないほどの辛さかといえばそんなことはありません。僕は激辛の類は苦手ですが、この辛さは心地よい辛さですね!

子供は食べられる?

さて、今回も僕がご飯を食べていると食いしん坊の子供が近寄ってきましたので、一口食べさせてみました。

こども
こども
おいしい、もう1回!………水ちょうだい。

辛い辛いとは言わず「おかわり」と言ってきましたが、食べ終わった後に水は飲んでました。やっぱり辛さは感じるんですね笑

レトルト大臣の全体まとめ

レトルト大臣
レトルト大臣
それでは、グリコ「カレー職人」老舗洋食カレーのまとめに入ります!
JANコード 4901005245129
内容量 170g
エネルギー 109Kcal
炭水化物 13.1g
脂質 4.8g
タンパク質 3.4g
食塩 2.3g
アレルギー 小麦・大豆・鶏肉・豚肉・りんご
原材料名 たまねぎ、小麦粉、粒状植物性たん白、ラード、砂糖、ウスターソース、鶏肉、トマトペースト、食塩、カレー粉、炒めたまねぎペースト、濃縮赤ワイン、たまねぎペースト、ドミグラスソース、ポークブイヨン、香辛料、ポーク風味ペースト、酵母エキス/増粘剤(加工デンプン)、調味料(アミノ酸等)、着色料(カラメル色素、カロチノイド色素)、香料、甘味料(アセスルファムK、スクラロース)、香辛料抽出物、(一部に小麦・大豆・鶏肉・豚肉・リングを含む)

普通のカレーをトマトやウスターソース、濃縮赤ワインなどでアレンジした洋食カレーという感じです。とってもまろやかな口当たりから始まり、その後にピリッとしたカレー特有の辛さが口に広がるとても美味しいカレーです。ただ、その美味しさは熱い時に限りますので、湯煎してあたたかいうちに食べるのがベスト。冷めるとアレンジに使った素材の個が強く出てきてしまい融合されてないような味になってしまいます。また、植物からできたお肉は、それ単体で食べると美味しくないので、必ずカレーと一緒に食べた方が良いです。100円しない金額でこのクオリティーが食べられるので、さすが定番のカレー職人シリーズ。個人的には、金額がもう少し高くなってもいいから人工甘味料は避けていただきたいです。どうしても食べ終わった後に奇妙な甘みが口の中に残りますからね。子供にも食べられそうなので、我が家の非常食の棚にはいくつか入れておいてもいいなと思いました!

カレー職人「老舗洋食カレー」はまろやかで上品さがあって、値段もお手頃なので絶対におすすめです。みなさんもぜひ食べてみてくださいね!

それでは、最後までお読みいただきありがとうざいました。

ABOUT ME
レトルト大臣
うまいレトルト食品を探し続けて20年!カレーにシチューに丼ものに一品料理まで、レトルトと名のつくものなら何でも大好物!スーパーで売ってるものから珍しいものまで全てを好むレトルト好き|レトルトの王様を目指して日々実食中!