カレー職人

【美味い⇒まずい?】カレー職人ビーフカレーの評判口コミはいかに?

カレー職人ビーフカレーの写真
レトルト大臣
レトルト大臣
今回はグリコの【カレー職人】ビーフカレー中辛は「美味い」のか「まずい」のかを、実食レビューとネット上の口コミや評判の調査を通して探っていきます!

ほとんどのスーパーに置いてあっていつでも手に入るカレー職人シリーズのビーフカレーは普段使いに最適です。

とても美味いので僕はよく食べるのですが、ネット上の口コミを見ると「美味い」という口コミと「まずい」という評判の両方がありました。

実際のところどうなのか…。食レポを通して実態を探ってみました!

グリコ【カレー職人】ビーフカレーをチェック!

それではさっそく【カレー職人】ビーフカレーをレビューしていきたいと思います!

商品パッケージをチェック

カレー職人のパッケージ表カレー職人ビーフカレーのパッケージです

まずはパッケージから見ていきましょう。

レトルト大臣
レトルト大臣
赤を基調としたデザインがかっこいいです!具がたっぷり入ったビーフカレーの写真が目立ってます!

「本格的なカレーソースが味わえる」そして、「あめ色玉ねぎのコクと旨みビーフカレー」というキャッチフレーズに期待が膨らみますね。ただでさえコクと風味が強い濃厚なビーフカレーに「あめ色になるまでじっくり炒めた玉ねぎ」を加えて、さらにじっくりと煮込んで作ったカレー…。想像するだけでたまりません。

カレー職人ビーフカレーのパッケージ裏カレー職人ビーフカレーのパッケージ裏です

さらに「レンジでチンするだけ!」と買いてあるとおり、箱から出してそのままレンジで温められるタイプなので、湯煎したりお皿に入れ換えてレンジで温める必要がなくて便利そうです。

開封して湯煎してみました

カレー職人ビーフカレー中袋カレー職人ビーフカレーの中袋表面です

まずは、カレー職人ビーフカレーを、箱から取り出します。一般的なアルミパウチではなくて、「蒸気吹き出し穴はこちら」と大きく描かれている黄色い入れ物に入っています。

一般的なアルミパウチの包装はそのままレンジでチンできません。

アルミが電子レンジのマイクロ波を弾いてしまって温まらないのと、レンジの中で火花が飛び散ったり破裂したりして危ないみたいです。

それに対して、このタイプはアルミを使わず蒸気の吹き出し口をつけることで、そのまま温められるようになっているわけですね。

カレー職人ビーフカレーの中袋裏面カレー職人ビーフカレーの中袋裏面です

今回は時間があったので湯煎してみることにしました。

カレー職人ビーフカレーの湯煎時間があったので湯煎してみました

電子レンジでチンするときは蒸気の逃し口がついている方を表にしてレンジに置きます。

以前、電子レンジで加熱したときは「500W」「1分40秒」の指示通りに加熱してみましたが、ちょうど良い感じ温まったものの、個人的にはもう少し温めたい気がしました。

香りと具材をチェック

カレー職人ビーフカレーの写真盛り付けてみました
レトルト大臣
レトルト大臣
袋を開けた瞬間からビーフカレーのいい匂いがすごい♪

電子レンジを開けた瞬間からビーフカレー特有のいい匂いが漂っています!袋を開けてご飯にカレーをかけるとさらに濃厚な香りが感じられます。すぐに食べたい衝動を抑えながら具材を見ていきたいと思います。

まず見た目ですが、カレーに光沢があるように見えました。これはあめ色玉ねぎ効果なのかどうかわかりませんがテカテカしています。

カレー職人ビーフカレーのじゃがいもまぁまぁ大きいじゃがいもが入っています
カレー職人ビーフカレーの肉の写真小さいですが肉も入っています
カレー職人ビーフカレーのにんじんにんじんも見つけることができました!

パッケージ写真のように大きな野菜がゴロゴロ…というわけにはいきませんが、牛肉やじゃがいも、にんじんの大きな塊が入っています。玉ねぎは溶けているみたいなので固形としては残っていませんね。光沢がある点を除けば、見た目は普通のビーフカレーです。

それでは冷めてしまわないうちに、食べていきたいと思います!

【カレー職人】ビーフカレーが美味い!

カレー職人ビーフカレーの写真さっそく食べてみたいと思います!

レトルト大臣
レトルト大臣
美味い!温めるだけでこんなに美味いものが食べられるなんて幸せ♪

口に入れるとビーフカレーのしっかりとしたコクが感じられます。ビーフカレー特有の牛肉の風味とじっくり煮込まれた野菜の味が混ざり合って本当に美味いです。また、大きな具が入っていなかったのでサラサラのカレーかなと思っていたのですが、口に入れてみると、小さいながらも具の存在感がしっかりとあって、満足できました。もちろん、具は固いわけではなく、口の中で少し力を加えると溶けてしまうくらいにトロトロに煮込まれています。牛肉のエキスが濃縮されているところに甘いろ玉ねぎや野菜のエキスがしっかりと混ざり合っていて、安定感抜群の美味しさです。

【カレー職人】ビーフカレーの口コミは?

僕は実食を通してめっちゃ美味いと思いましたが、他の皆さんはどう思っているのか…。ネット上にある口コミを調べてみました。

カレー職人ビーフカレーの口コミ
カレー職人ビーフカレーの口コミ出典:https://www.amazon.co.jp/

こんな風に、僕と同じ肯定的な意見が多いのですが、なかにはこんな意見もありました。

カレー職人ビーフカレーの口コミ
カレー職人ビーフカレーの口コミ出典:https://www.amazon.co.jp/

100円以下のカレーで温めるだけですぐに食べられると考えればとても良いですし、プロが作ったカレーと比べればレトルトカレーには分が悪いですからね…。評価基準は一人ひとり違うってことですね。100人いれば100通りの感じ方があるので色々な意見があってよいと思います!

【カレー職人】ビーフカレーの「まずい」噂はなぜ?

食べた感想は、普通においしいですしまずいなんてことはありません。まずかったらここまで売れませんし、スーパーの棚をレギュラーとして獲得し続けることはできませんからね。

でも、まずいという口コミもありましたし、グーグルで検索するとこんな検索結果が出てくるのも事実です…

カレー職人の口コミまずいという検索結果がありましたが…

では、まずいの噂の理由は何なのか…。それについて、ちょっとだけ気になることがありました。

「まずい」理由考察① ごぼう??

湯煎して食べた時は感じなかったのですが、レンジでチンして食べたときに感じたことがありました…。

レトルト大臣
レトルト大臣
ゴボウっぽい味がする…。

原材料をチェックしてみましたがゴボウなんて入っていません。僕の勘違いなのか、それとも何かしらのエキスがゴボウを感じさせているのか…または、前回僕が食べたカレー職人ビーフカレーは賞味期限間近だったため、味が変わってしまっていたのか…不思議です。

よーく考えてみた結果、確証はありませんが、飴色になるまで炒めた玉ねぎのコクが僕にはごぼうっぽい風味に感じられたのかもしれません。

食研カレーも同じくあめ色になるまでソテーした玉ねぎを使っていますが、そちらは感じませんでした。

もしかしたら、僕が食べたときに感じた「ごぼうのような味」を他にも感じられた方がいて、そのかたが「おいしくない」と感じたのかもしれませんね。玉ねぎをあめ色にする=焦げる直前まで炒めると、若干苦味というか、それがコクにつながるのかもしれませんが、独特の味がします。これが好きな人もいれば、嫌いな人もいるのかもしれませんね。

「まずい」理由考察② レンチン?

レンチンは簡単でよいのですが、まんべんなく温めるのが難しいです。レトルトカレーを温めないで食べると、油が解けきらないせいかザラザラドロドロした感じになってしまいます。これが粉っぽいとか、まずいの理由になっている気がしましたね。

食べられないほど気になるわけではありませんが、時間があるときは湯銭一択ですね!

子どもには辛すぎる?

うちの子に一口食べさせてみたところ、最初は「美味い!」と言っていたのですが、少ししてからこんなことを言っていました。

こども
こども
辛い!水、水ちょうだい!

中辛のカレーだから当たり前ですが、すこしピリッとした辛さがあるんだと思います。

カレーの辛さの目安の写真カレーの辛さの目安です

パッケージ裏面の図のとおり、小学校高学年以上の子供なら普通に食べられると思いますが、低学年や幼稚園児にはちょっと辛いのかもしれません。その年齢なら、同じシリーズの【カレー職人 ふわふわ玉子のカレー】を選ぶ方が良いのかもれませんね。

【カレー職人】ビーフカレーの評判はいかに?

しゅふ
しゅふ
こんなに美味しいレトルトカレーが100円以下で買えるなんてすばらしいわ!
おじさん
おじさん
高級カレー専門店の味ってわけにはいかないけど、十分美味いよ!
こども
こども
美味いけど、ちょっと辛いかな。
レトルト大臣
レトルト大臣
食べるときは湯銭一択!レンチンで食べられる仕様だけど、湯銭のほうが絶対に美味い!

ネットで調べてみると、「美味い」の意見と「まずい」の意見が両方ありましたが、ほとんどの方がおいしいと感じているようです。まずいと感じている人は、高級店や本格カレーと比べてまずいとか、レンジでチンがうまくいっていなくてまずいとか、そんな感じですね。

レトルト大臣の全体まとめ

レトルト大臣
レトルト大臣
それでは、グリコ【カレー職人】ビーフカレー中辛のまとめに入ります!

JANコード 4901005245105
内容量 170g
エネルギー 111Kcal
炭水化物 13.6g
脂質 4.8g
タンパク質 3.4g
食塩 2.2g
アレルギー 小麦、牛肉、大豆、鶏肉、豚肉
原材料名 野菜(じゃがいも、にんじん)、小麦粉、牛肉、ラード、野菜、食塩、カレー粉、炒め玉ねぎペースト、トマトペースト、ポークブイヨン、玉ねぎペースト、香辛料、にんにくペースト、酵母エキス/増粘剤(加工デンプン)、調味料(アミノ酸等)、着色料(カラメル色素、カロチノイド色素)、香料、香味料(アセスルファムK 、スクラロース)、(一部に小麦。牛肉・大豆・鶏肉・豚肉を含む)

良くも悪くも普通のおいしいビーフカレーです。近くのスーパーで税込100円以下で手に入るので普段使いに最適です。食べる時は湯煎が断然おすすめ。個人的には電子レンジでチンしたときのごぼうのような風味がちょっと気になりましが、まずいわけではなくて一つの味の特徴だと思います。子供には若干辛い可能性もありますが、小学校中学年以上の子であれば問題ないかなって思います。賞味期限も長く防災対策にも優れています。うちでは普段使い用である程度ストックしておこうと思います。

みなさんも、江崎グリコのカレー職人ビーフカレーを食べてみてくださいね!もちろん、食べるときは湯銭で温めるのがおすすめです!

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました!

ABOUT ME
レトルト大臣
うまいレトルト食品を探し続けて20年!カレーにシチューに丼ものに一品料理まで、レトルトと名のつくものなら何でも大好物!スーパーで売ってるものから珍しいものまで全てを好むレトルト好き|レトルトの王様を目指して日々実食中!